【社会保険の適用範囲拡大の影響】主婦の仕事選びはどう変わるか?


社会保険の適用範囲拡大までひと月を切り、
弊社にはメディアからの問い合わせがたくさん来ています。

本日は変更点のおさらいや
しゅふJOB総研調査による主婦の仕事選びの
変化についてまとめてみました。

——————————————————————–
1、適用範囲がどのように変わるのか?
2、社保加入でも働き損ではない!という選択を主婦は選ぶのか?
3、社会保険の適用範囲拡大の対策!160万円以上のお仕事特集の掲載ご案内

——————————————————————–

適用範囲がどのように変わるのか?

2016年10月1日から
社会保険加入要件が「週30時間以上かつ2ケ月以上の雇用見込み」から、
以下条件の<すべて>を含む求人が社会保険の適用対象となります。

社会保険適用拡大の条件(2016年10月1日から)

下記4点を満たす雇用契約の場合
  ①従業員501人以上の事業所(500名以下の企業は3年後に適用)
  ②1週間の所定労働時間が20時間以上
  ③月額賃金88,000円以上(年収106万円以上/残業代や交通費などは含まない)
  ④継続して1年以上雇用されることが見込まれること 

例えば、
時給1,100円×週4日×10-16時(月80時間)=88,000円 
このような求人が社会保険の適用となるわけです。

ちなみに主婦に一番人気の条件は週3日×10-17時ですので
変更後も不動の人気になるでしょう。

社保加入でも働き損ではない!という選択を主婦は選ぶのか?

採用活動において気になるのは、主婦が「社保に加入しても損はない!」
という選択をするラインは一体いくらなのか?
そして実際に主婦はどういった選択をするのか?
その実態をご説明致します。

意外と働く時間を増やすという方向性の人が多いですね。
特に年収200万以上を求める声が大きいことがわかります。

背景としては、
右肩下がりの世帯年収に対し、
子育て費用の占める割合が上昇傾向にあるようです。
その費用を得るため、社会保険に加入してでも収入を得たいと考えている
主婦が増えています。

現在、1世帯あたりの平均所得は537万円
(厚生労働省 平成23年国民生活基礎調査より)。

ちなみに望ましい世帯年収は『700万円』。

170万円の理想と現実のギャップ…。
この170万円前後が
主婦が求めたいと思う収入ライン、ということになります。

「働き損はしたくない!」社会保険の適用範囲拡大の対策!160万円以上のお仕事特集

今回、弊社の求人媒体である
しゅふJOBパートでは社保に加入しても働き損のない働き方として
年収160万円以上の求人を特集し、主婦の就活を応援してまいります。

もし求人をお考えの場合は、
こちらの特集をご活用し、人材確保の手段としてご利用いただければ幸いです。

<↓実際の特集ページはこちら↓>

………………
【掲載料金】無料
【掲載期間】 9月末まで
【掲載条件】求人にて「主婦に嬉しい条件・環境」で160万タグを設定
……………
求人サイトしゅふJOBパートのご利用がまだの企業様はこちらからご登録ください。

<↓しゅふJOBパート利用登録はこちら↓>

…………
☆単発お試し5000円キャンペーン実施中♪

夏休みも終わり、9月から一気に主婦の就活が活発化しております。
是非この機会にご検討ください。

この記事を書いた人
…27歳。法人マーケテイングユニット所属(通称:元祖草食系男子)
新卒でビースタイルへ入社。派遣コーディネータを経験後、短期派遣チームのマネージャーとなる。
現在は、メルマガ・ブログ編集部の一員として活動。
社内結婚の年上の嫁は、肉食系営業女子。
休日は、昼からビールを飲むことが好きなインドア派。