「スマートキャリア編集部」は、経営・人事・採用課題のリアルを体を張って追究する情報発信サイトです。

2020/07/28

【図解】5分で分かる。在宅勤務がBCP対策になる理由とは?

new-normal_01
new-normal_02
new-normal_03

Chapter01 災害大国日本・Withコロナの世界で 「BCP対策としての在宅勤務」

new-normal_04
new-normal_05
new-normal_06a
new-normal_06b
new-normal_07
new-normal_08
new-normal_09

Chapter02 進まない「在宅勤務」導入

new-normal_11
new-normal_12
new-normal_13
new-normal_14

Chapter03 人材活用の「ニューノーマル」

new-normal_15

事例 01 株式会社ABEJA 様
2018年には日本のスタートアップで初めて、米Google社から出資を受けるなど、今大注目のAIベンチャー企業
新型コロナウイルス感染症流行拡大以降は、会社全体で在宅勤務推奨を2月末からして、3月末から原則出社禁止に。
緊急事態宣言後の4月9日以降は、やむを得ない場合を除き完全出社禁止に。
派遣スタッフ
採用職種: 経理(月次決算)
勤務形態: 基本完全在宅(月3~4日出勤)
週3~5日、1日6時間以上勤務(2020年6月現在)
経理部門の現在の人員体制・業務体制から考えると、
(派遣スタッフも含め)在宅勤務の状況を変える必要はないかなと思っています。

経理で日常的に業務をまわしているのが、私とビースタイルの「スマートキャリア」のスタッフですが、「スマートキャリア」のスタッフは自走できる方なので、チャットツールを通じて業務の進捗確認さえできれば、日常業務に支障はありません。

株式会社ABEJA 経理部 山口様
経理部 山口様
【あわせて読む】
緊急事態宣言後は完全出社禁止!経理部門も月3~4日程度の出社に。

事例 02 株式会社GENIEE 様
マーケティングテクノロジー分野において10年連続で成長を続ける。
独自のプロダクトを複数展開し、大手企業から中小企業まで幅広くサービスを提供
コロナ禍により緊急事態宣言が発令され、全社的に在宅勤務がベースとなったタイミングで、入社間もないビースタイルの派遣スタッフ2名(広告運用・インサイドセールス)にも、在宅ワークをお願い。
派遣スタッフ
採用職種: マーケティング(web広告運用)
インサイドセールス(内勤営業)
勤務形態: 完全在宅
週3~4日、1日6~8時間勤務
対面でのコミュニケーションをあまりとらないまま、完全在宅ワークをお願いするのは不安だったのを覚えています。しかし、結果としては全く問題ありませんでしたね。

配属から数週間で緊急事態宣言が発令され、インサイドセールスも厳しくなるのではと予想しましたが、彼は入社から10日でKPIを達成。

特に意識したのはチーム内でのコミュニケーションです。
例えば、朝礼の代わりに、Web会議を開催し、報連相の機会をつくる。チャットツールでこまめに連絡できるようにする。
ミートデーを設け、定期的に顔を合わせる機会をつくるなどしてコミュニケーションロスが生じないようにすることで、在宅派遣スタッフもスムーズに在宅勤務に移行できたと思います。
こうした工夫をすることで、問題なく業務を進めることができました。

株式会社GENIEE マーケティング部マネージャー 中釜様
マーケティング部マネージャー 中釜様
【あわせて読む】
リード獲得目標500%達成を実現!デキる人材の採用方法とは?


new-normal_16

例えば、弊社取引先C社(都内・ITサービス・従業員数100名)
では地方在住の優秀人材を在宅勤務で利用。
派遣スタッフ01
IR/企業広報
(前職:証券取引所で10年以上 IR/企業広報業務)
福岡県在住・介護のため週2日の完全在宅で勤務
金融商品情報を提供するK社にてIRサイトに関する解説資料の作成を担当。
派遣スタッフ02
WEBディレクター
(前職: ITベンチャー社長室にて室長)
家庭の事情で関東圏外に居住し、完全在宅で勤務
C社、顧客サイトパフォーマンスの測定、改善、レポーティングを専任で担当。


new-normal_17a
new-normal_17b
new-normal_18

在宅で即戦力人材を採用

スマキャリロゴ
サービス資料を見る

  • FB
  • LINE
  • Twitter
  • B!

記事担当ライター

鈴木 裕詠

高卒編集長