「bsty!eリアル」は、経営・人事・採用課題のリアルを体を張って追究する情報発信サイトです。

2018/12/12

【導入事例】派遣社員がエース級の活躍

導入事例#8【株式会社ラクス様】


【会社名】株式会社ラクス
【事業内容】中小企業向けクラウドサービス(ASP)の提供
【業界】情報通信・IT
【従業員数】連結:659名 単体:328名(2018年7月1日現在)
【利用サービス】しゅふJOBスタッフィングスマートキャリア
【ウェブサイト】https://www.rakus.co.jp/

今回は、経営戦略本部 経営管理統括部 総務人事部 採用課 櫻庭絵里香氏(写真右)と、 クラウド事業本部開発統括部 第一開発部 デザイン課 課長 小林肇氏(写真左)、木村圭氏(写真中央)に、採用課題やサービス利用の背景についてお話を伺いました。

【当時の人事課題】

課題 Webデザインができる即戦力人材を採用したい
リスティング運用担当が人手不足で、正社員の業務量が過多になっている
求人票を出しても、候補者が集まらない
解決策 ・即戦力となる人材を派遣社員で採用
・リスティング運用経験のある、自走可能な時短派遣社員を採用
・ビースタイル営業が細かくヒアリングし、求人票の分かりにくい点を共有
効果 派遣社員がエース級の活躍で、案件を短納期で仕上げてくれる
派遣社員がリスティング運用を行う事で、正社員が本来の業務に集中することができた
求人票がブラッシュアップされ、求める人物像を明確にできた

 

即戦力・スピード感を重視し、派遣社員の採用に力を入れている。

―どのような経緯で弊社サービスを知りましたか?

櫻庭氏 2015年の東証マザーズ上場のタイミングで採用人数が多くなり、キャリア採用枠での派遣社員の採用が検討されました。
即戦力となる派遣社員を採用したかったので、出産、育児をきっかけに退職し、派遣登録をした方をターゲットにしました。
その上で「女性」「活躍」を加え、派遣会社を検索した結果、ビースタイルを知りました。
弊社は、年間でキャリア採用100名以上、ポジションだと30を超える採用をしています。このご時世、正社員でのキャリア採用はなかなか難しく、雇用形態へのこだわりよりも、即戦力を重視し、派遣社員の採用に力を入れています。

―いい人材を採用するために取り組まれていることはありますか?

櫻庭氏 働きやすい環境づくりには柔軟に対応しています。
身近な例では、オフィスにカフェスペースやラウンジを完備し、いつでも利用できるようにしています。
無料のドリンクサーバもあり、仕事の合間の休憩には最適な空間です。
夏には、社員からの提案でかき氷機が置かれ、大好評でした。
この先も社員の声に応じて働きやすい環境を整えていきます。

 

求める人物像が明確に

―現在他社の派遣会社も利用されていますが、比較していかがですか?

櫻庭氏 他社よりもスタッフへのフォローが手厚いと思います。
ビースタイルは更新前にスタッフとの定期面談を設けていて、スタッフが弊社の業務についてどう思っているのかをきちんとヒアリングをしてくれます。
それを共有してくれるので、こちらも改善できるところは改善し、長く働いていただくというサイクルができている点はとても良いです。

また、採用管理システムから人材紹介会社に一斉に求人依頼をしているため、求人内容の細部を伝えきれていないこともあり、条件とは異なる人材紹介があったりして、お互いに時間の無駄になってしまっているなと感じることもあります。
ビースタイルの営業は求人を出したときに素早く反応し、細かくヒアリングしてくれて、伝わりにくい点もアドバイスしてくれます。
求人票のブラッシュアップもでき、弊社が求める人物像をわかりやすく言語化できるので助かっています。

 

仕事が早くエース級の活躍

―クラウド事業本部 開発統括部 第一開発部 デザイン課の業務内容をお伺いします。

小林氏 私は、デザイン課の中でもUIチームという、弊社サービスのUIに携わる業務でマネジメントをしています。
同じデザイン課の木村はWebディレクターで、コーポレートサイトや弊社サービスのサイト更新業務、営業資料のDTPなどを行っています。
木村氏 私のチームには、派遣社員・契約社員のデザイナーが5名います。
その内、時短で働いている方が3名ですね。
弊社は「楽楽精算」や「メールディーラー」などサービスごとに部署が分かれているのですが、仕事の流れは、各サービスの企画担当者から依頼を受け、その時、手が空いているデザイナーにお願いして対応いただく事になっています。
チームで活躍しているしゅふJOBスタッフィングのスタッフは、入ってきて間もないですが、仕事が早いので、どんどん案件をお任せしてしまっています。
エース級の活躍だと思います。

―エース級の活躍というと?

木村氏 通常、入ってきてから依頼案件に対応できるまでに4~5日はかかりますが、しゅふJOBスタッフィングのスタッフは、入って2日くらいで案件をお願いでき、渡した案件もどんどんこなしてくれました。
複数案件を渡しても、こちらが想定する時間よりも短納期で仕上げてくれるので、本当に助かっています。

―時短で働いている方の管理はどうされていますか?

木村氏 まず、面談をして、週に何日どのくらい仕事ができるのかをきちんと把握しますね。
あとは弊社のデータ管理システムを利用して、業務の進捗を管理できるようにしています。個別のメール対応はなく、他部署とのやり取りもすべてシステムで対応してもらっています。
例えば、家庭の事情で急なお休みをされる場合でも周囲がフォローできる体制になっています。

 

正社員が本来の業務に集中できた

―スマートキャリアスタッフについてはいかがですか?

小林氏 スマートキャリアスタッフについては職場見学でお話した時から印象が良かったです。
この業種は得意だが、この業種は不得意という事をご自身でよく理解されていて、苦手な部分もその時点ではっきり伝えてくれました。こちらとしてはディレクションしやすいですよね。
現在はリスティング業務をお任せしています。
木村氏 リスティング運用は、人手不足のため、私の業務にプラスオンして行っていました。
普通、リスティング運用というと、エディタを使ったり、管理画面上から単価調整したりと思いがちですよね。
でも、実際の業務はもっと高度で、「どうやったらCVRを上げられるか」という企画からの依頼に対し、「ここを改善しましょう」と提案するコンサルに近い高度な業務なんです。
リスティング運用には相当時間を使いますし、私もディレクション業務があるので、業務過多になっていました。
当初は他社派遣会社も含め、フルタイムで働いてくれる方を探していましたが、いい人材は見つからず、スキル重視の求人に切り替えました。
現在ジョインしているスマートキャリアスタッフは、週4日、6時間勤務ですが、リスティング運用を一手に担って業務を遂行してくれています。
目的やゴールを理解して、企画にもアグレッシブに提案してくれる
のでとても助かっています。
おかげさまで、私も本来すべき業務に集中できています。

―デザイン課として今後の課題はありますか?

木村氏 事業拡大に伴い、各サービスの企画担当者からの要望もハードルが上がってきています。
またWordPressをカスタマイズする作業が発生しますが、時間がかかる上に、要望は多く、依頼がどんどん来てしまいます。
それらに対応できる専門スキルを持っている方や、高度な業務に対応できる方にぜひ入ってきていただき、活躍してほしいです。

※本資料は2018年11月に作成されたものです。掲載されている各種情報は作成時点のものです。


  • FB
  • LINE
  • Twitter
  • B!

記事担当ライター

かねたか

2児の母。仕事と育児の両立を目指し転職。ビースタイルの時短正社員で日々奮闘中!