「スマートキャリア編集部」は、経営・人事・採用課題のリアルを体を張って追究する情報発信サイトです。

若手社員の実態(内勤職編) ~自ら学ぶ若手社員の本音に迫る~


こんにちは。
スマートキャリア編集部員の金高です。

日焼けしすぎ社長こと宮内の「最近の若手社員って、どんなこと考えているのかな?」という一言から始まった『若手社員の実態』調査。
今回は内勤職として企画職と求職者の人選を行うコーディネーター職に話を聞いてまいりました。

前回の記事はこちら『若手社員の実態(営業職編)』

 

内勤若手社員、現在の勤務状況

コーディネーター職は営業とのやり取りも多くお客様とのコンタクトも多いためフル出勤率が59%と高く、
一方、企画職はフル在宅~週1-2出勤が64%と在宅勤務率が高い傾向に。
両極端に分かれる結果となりました。

 

内勤職、自ら学ぶ若手社員が続出!

[取材に答えてくれた人]

石井 翔企画職、中長期施策のシステム開発を担当している新卒1年目
西島 幸平入社から今年5月までは営業部門で活躍、6月から企画職となった新卒2年目
大野 椋風コーディネーター職、社内での成績ランキングでは常に上位にランクインする新卒3年目

 

学びは人生が豊かになる。30才までは全力で勉強!

金高 石井君は新卒1年目だね。
今はどんな勤務形態でどんな仕事をしているのかしら?
石井 今はフル在宅勤務ですね。
中長期的に社内の生産性を高めるためのシステム開発を担当しています。
金高 フル在宅勤務で何か困ったこととかはあったかな?
石井 今はもう慣れたので全く問題なくできていますが、最初は無理でした。
金高 無理だったって、大丈夫?
石井 はい・・・。
コロナの影響で、配属から3週間は在宅勤務でしたが、
業務自体も難しく分からないことだらけでもう1人じゃ全然わかんないって思いました。

金高 相談とかはできなかったのかな?
石井 上司は難易度高い仕事を忙しそうにしているので、
雲の上の存在で、正直声はかけにくかったです。

でも、6月から1か月間出社になり状況が変わりました。

金高 出社してどうなったの?
石井 一緒に仕事をすることで上司が一体どういう人なのかが分かり、
隣にいてすぐに聞けるのは、今考えてもとても大切な期間でした。

こんなことでも聞いていいんだとか、聞いたら教えてくれるんだというのが分かったので、
1か月間の出社後の在宅勤務は、上司と毎日コミュニケーションをとり
フィードバックももらっているので、問題はないですよ。

金高 顔を合わせて一緒に仕事をするっていうのも大切なんだね。
石井君の業務って、難しそうなことやってるなぁっていつも思ってるんだけど、
AccessとかTableauとか使って業務してるよね?もともと使えたのかな?
石井 いや・・・。めっちゃ勉強しましたし、今も続けています。
Eラーニングを受講したり、
最近では仕事につながるかなと思ってAIやプログラミングの勉強もしています。
金高 そっかそっか。
ちなみに石井くん、社内のロジカルシンキング研修や読書会みたいなのにも積極的に参加してるよね?
石井 今、フル在宅で、他部署の方とのコミュニケーションが少なく
社内の方とのつながりを増やしたいなと思って参加しています。

ロジカルシンキング研修は上司に進められて参加したんですが、だいぶ学びになっています。
自分の考えって甘かったなって気づき、MECEのフレームワークは実務でも役に立っています!

社内研修とはいえかなりレベルが高く、無料で学べるのでお得ですよ。

金高 さっきから聞いているとほんと勉強してるよね。
まさか、他にも勉強してたりする?
石井 他には、ビジネス系の内容をYouTubeや本でインプットしています。
YouTubeだとNews picksの動画が無料で見れるんですよね。
動画だと、お風呂に入りながらとかご飯食べながらとか何かしながら学べますし、
気楽にできるのでおすすめです。
金高 なんかすごいね。なんでそんなに勉強するの?
石井 昔から勉強する習慣は自分に身についているのもありますが、
知識をつけるのは楽しいですし、人生が豊かになる気がします(笑)

あとは僕の中で1つゴールを決めていて、
30才くらいまではできるだけ勉強して、
どこでも通用するくらいの実力をつけていたいと考えているんです。

結婚して子どもができたら勉強できる時間も少なると思うので、
それまでは色々な知識を身につけ、できることを増やしていきたいです!

金高 (新卒とは思えない落ち着いた考えだね・・・)
ありがとうございます!!

 

コロナがきっかけで勉強の習慣が戻った

金高 西島君は新卒2年目だね。
今はどんな勤務形態でどんな仕事をしているのかしら?
西島 今は週1日くらい在宅で、フル出勤に近いです。
月末の取締役会で利用する売上数値をまとめる資料をつくったりしています。
金高 西島君は、6月から現在の企画職になったんだよね?
その頃、まだ在宅勤務が多かったと思うけどコミュニケーションとか問題なかった?
西島 慣れるまで少し時間は要しましたが、毎日30分オンラインで朝会があったのと、
自己紹介やアイスブレイクの機会を多く設定していただいたので、すぐに溶け込むことができました!
金高 相談とかはちゃんとできてた?
西島 今までの営業では困ったら電話で確認が普通だったんですが、
私の部署は携帯支給がないのでチャットやミーティングの設定をして相談となり、
回答を得るまでに時間がかかりましたね。
金高 何か対策とかはしたのかな?
西島 はい。
タスク管理や時間管理を見直して、今まで以上に計画的にスケジュールを立てるようにしました。
これをすることで優先順位もつけることができ効率も上がったと思います。
金高 今の仕事は営業とは全く業務が違うと思うけど、どうかな?
西島 そうですね・・・。
お恥ずかしながら社会人になってからあまり勉強をしてこなかったのですが、
異動後PLとかBSなど管理会計の知識が必要となったので、勉強しています。

ちょうど異動時期がコロナで在宅勤務が多く、時間に余裕ができたのもいいきっかけでしたね。

金高 勉強始めたんだね!ちなみにどうやって勉強してるの?
西島 ちょうど社内で会計知識を身につける講座があったので、そこに参加しました。
2-3週間おきに開催され1回2時間なんですが、宿題の量が多くてかなりみっちり学びました。
そのおかげでPLを読み解くための肌感覚を身につけられました。

あとは、会計関係の本を読みあさったり、
ネットで上場している企業のPLを見るのは勉強にもなるし、結構おもしろいですよ。

金高 上司とかに言われてしたの?それとも自主的に?
西島 特に上司からは促されていないです(笑)
あ、でも所属ユニット内で「能力開発委員会」という会があって、
それぞれが得意とすることをメンバーにシェアしようみたいな会ですね。

そこでメンバーの前でしっかり発表するためには、やはりちゃんと勉強しないとですし、
資料を作り発表することで言語化できるので、自分自身の知識定着にもなりますよね。

自分の発表はこれからなんですけど…。

金高 さっきコロナで在宅になり時間ができたからって言ってたけど、
今フル出勤に近い働き方で勉強の方はどうなったのかな?
西島 今も続いてますよ!
勉強自体はもともと好きだったんです。でも何となくしなくなってしまった。
それがコロナをきっかけに勉強する習慣が戻り続いているって感じですね。
金高 いい傾向だね(笑)
勉強してこれ変わったなぁと思う部分とかあるかな?
西島 異動したての頃は、売上数値の報告しかできなかったんですよね。
でも同じ部署の先輩が、その数値からどんなところが問題で、どう解決すべきかを考えて
次のアクションにつなげている姿を見て「ああ、こういう仕事をしたいな」と感じました。

課題発見力って言うんですかね。
これはどんな仕事をしていても必要なスキルだなと分かったし、
最近では社長に報告する時も今月はこの数値で、
問題点はこれですと言えるようになりました。

金高 短期間でずいぶん成長できたね!
これからどうなりたいとかって考えてたりする?
西島 売上増加に貢献できるような働き方をしたいなと思っています。
営業にすぐに戻りたいという意味ではなくて、
数値から見てどんな施策をするのが効果的なのかを考えて実行できるような仕事がしたいです。

勉強をするとできることも増えると同時に、会社とかに与える力も大きくなると思っています。
いかに効率的かつ効果的な施策を打つかを考えるためにも今まで以上に勉強しなくてはと感じます。

 

自分の得意な領域で勝負できるよう、伸ばしていきたい

金高 大野君は新卒3年目ですね。
今はどんな勤務形態でどんな仕事をしているのかしら?
大野 今は週2日在宅勤務で、出勤が少し多めですね。
企業と求職者を結びつけるコーディネーターの仕事をしています。
お客様からいただいた求人内容を求職者向けにライティングする業務もしています。
金高 コロナの影響で在宅勤務を経験したと思うけど、コミュニケーションとかは問題なかった?
大野 そうですね・・・。
3年目で仕事の段取りも相談すべき人も分かっていたので問題なかったです。
金高 そっか。ちなみに大野君は、ここ最近新しく学んだこととかあったりする?
大野 うーん。特に・・・。
でも、コロナの影響で情勢が一気に変わり、
これまでのやり方が一切通用しなくなったことで色々試行錯誤するようにはなりましたね。
金高 試行錯誤というと・・・?
大野 コロナで企業からいただく求人の内容がガラッと変わったんです。
なので、訴求するポイントが今までと同じだと求職者は集まらなくて。
競合他社にスピードで対抗するためにも初回の求人で集客できるようこだわりました。
金高 そのために何をしたのかな?
大野 基本インターネットで市場の動向を見ていました。
他社のサイトを研究したり、求職者側の立場になって検索してみたり。
こういう職種の人たちが求めているものって何だろう?
って自分で調べたり、時には他部署の人にも聞いて教えてもらいました。

金高 市場を分析して対応を考え、行動していたんだね。
(それも勉強って言うんだよ)
大野 色々調べてより意識して考えることで、
ターゲットに合ったライティングをするスキルはかなり上がったと思います。
金高 いいね!
大野君は、これからどう働いていきたいとかはあったりしますか?
大野 苦手な事やあまり興味が無いことをどれだけ頑張っても、良くて平均値にしかたどり着けないと思っていて
その分時間も掛かるし、心理的にもポジティブなモチベーションを保つのは難しいです。
だからこそ、自分がやりたいことや得意な領域で勝負できるように、工夫しながら働きたいです。

金高 得意な領域とは?
大野 相手にいかにわかりやすく、面白く伝えられるようにライティングするかは常に意識していて
文章の力で相手の意思決定を左右できる点について、面白さを感じています。

ポジティブに取り組めている分、実力も付いてきていると思います。
なので、今後も精度の高い文章をアウトプットできる能力を伸ばしていきたいと考えています。

■考察

・どの若手社員も自分の課題をしっかり把握し、
    それを解決しようと自ら学ぶ姿勢がある。
・こうなりたい、こう働きたいというビジョンがあり、
    コロナ禍でもポジティブに仕事に取り組んでいる。
・在宅勤務経験は、少なからず学びを取り入れる良いきっかけになっている。

 

 

おまけ

ビースタイルスマートキャリアの金高です。
最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

月に1度のビースタイルを題材にした読みもの記事、
楽しんでいただけたでしょうか?

この章では、厚かましくも皆さまに
所要時間2分ほどの、簡単なアンケートにご協力いただきたいです。
※個人情報の取得は一切致しません

より皆様の求めている情報を発信したく、
どのような情報にご興味があるかを、教えていただく内容になります。

お時間あれば、ぜひご協力ください。

アンケートはこちら>>

ビースタイルスマートキャリアの
サービスについてもっと詳しく知りたい方はこちら

スマキャリロゴ
サービス内容を見る

  • FB
  • LINE
  • Twitter
  • B!

記事担当ライター

かねたか

仕事と2児の母の両立を目指す時短正社員