社内恋愛は、会社にとって、メリットがあるのか?~破局に学ぶ。社内恋愛マネジメント。~


ビースタイル編集部の伊藤愛です。

今回のテーマは、「社内恋愛」です。

多くの人が経験している社内恋愛。

特に、ベンチャーや忙しい会社になると
一緒に過ごす時間も長く、会社帰りに飲みに行ったり
土日も一緒に遊んでいるうちに
自然と距離が縮まるものです。

かくいう私も、実は社内恋愛経験者です。
しかも無事、結婚にゴールインしたわけではありません。

実は、私の社内恋愛が
会社を大きく巻き込んでの部署間抗争までに
発展させたことがあります。
(ちなみに、相手は今の旦那ではありません。)

ということで、今回は、私の過去の失敗を題材に
経営・マネジメント目線で見た
「社内恋愛は、会社にとって、メリットがあるのか?」
をテーマに、お送りしたいと思います。

 

伊藤愛の社内恋愛経験

まずは、お恥ずかしながら
私の社内恋愛の経験をお話させていだだきます。

今から7年前に、
私は2年後輩のS君(退職済み)と付き合う事になりました。
S君から「愛さんと、本気で付き合いたいんです」と告白を受けました。

付き合い期間中は、周囲に黙ってはいたんですが、いくつかの目撃情報が流れ
隠しておく話でもないので、オープンにしました。
これが、失敗その一です。

瞬く間に、社内全体に知れ渡りましたが
お互い堪え性がないのか、そこまで深く考えていなかったのか
付き合って、半年も経たないうちに別れることになりました。

別れた理由は、ここでは省略をさせて頂きますが
私はひどく落ち込んでしまい、仕事への意欲も低下し
同期や他のメンバー、しいては営業同行の途中に色黒役員宮内にまで
相談をしていました。

失敗その二
別れが仕事に影響し、周囲のメンバーや役員まで巻き込んでしまいました。

そして、このことが部門間の抗争にまで発展する
大トラブルを起こしてしまうのです。

 

部門間トラブルの勃発

ことは、事情を知った私のチームメンバーが
「本気で付き合うといったのに、S君は、愛ちゃんを泣かせて許せない」と
S君に対する、非難をはじめてしまったんです。

そして、私とS君の部署が社内のライバル部署ということもあり
本来ならお客様の情報連携をして
協力し合って発展していくことが必要なのに
「そもそも、あの部署って、仕事の連携も雑だよね」
「S君みたいな、いい加減な人がいる部署だから、顧客情報も連携したくない」
という声がでるようになりました。

一方S君の部署でも
「あいつらの部署は、ぬるい仕事をやっている奴が多いよな」
「業績を最後まで追いかけてないじゃないか」
という声が聞かれ
まるで部署間抗争みたいなことに発展してしまいました。

しかも、当の当事者である私に気を使ってか
私の知らないところで、ヒートアップしていたのです。

そして、だんだん社内の雰囲気も悪くなり、役員や事業部長も
放っておけない問題になったそうです。
(私は、後から聞きましたが)

 

社内恋愛のメリット・デメリット


(左:色黒役員 宮内)
(右:茶坊主役員 中村)

今回、その事件から数年経った今
当時の事業部長である二人に私、伊藤愛が自ら取材してみました。
まずは、私の上司である色黒役員宮内です。

宮内 いやー。正直、最初は笑い話だったんだけど、だんだん笑えなくなってきました。
なんか、雰囲気も悪くなってくるし、数字も悪影響が出始めてきた記憶があります。
社内恋愛のデメリットは、これか~と体感しましたね。
仕方ないから、S君の事業部長と直接対談をして、解決策を練りました。
伊藤 いやー。(汗)ご迷惑をおかけしました。

もう一方のS君の上司である
茶坊主役員こと中村に話を聞いてみました。

中村 もう、Sなんてことしてくれたんだよー。と思いました。
当時、うちの事業部は
まだ立ち上げ間もなかったので、他部署からの顧客連携が
とても貴重な時期だったんですよ。
それが、伊藤の部署からの配給がピタッと止まり、冷や汗をかきました。
宮内と話し合い、僕が責任者として謝罪するということで、手を打つことにしました。
伊藤 中村さん謝罪得意ですもんね。

ということで、私は後から聞いたのですが
無事、手打ち式が行われたようで、今でもたまに飲み会で話題になる
「伊藤・S事件」はここで抗争の終息を迎えました。
 
 
さて、ここで経営・マネジメント目線でみる
社内恋愛のメリット・デメリットを見てみましょう。

私の経験、および周りへのヒヤリングによると
メリットは

①仕事が楽しくなる。社員のモチベーションが上がる。
会社に来るのが楽しみになり、一緒にがんばろうとする連帯感が生まれたりします。
また、相手に良いところを見せようとして、仕事にも熱が入ります。

②周囲のコミュニケーションが良くなる。チームワークが増す。
チームの中で共通の話題が出来たり、飲み会の頻度があがり、チームワークが良くなり
仕事の生産性が上がります。(たぶん)

 
では、社内恋愛のデメリットはなんでしょう。

それは、別れた時です。

①仕事が楽しくなくなる。会社に行きづらくなる。
会社で相手と接するのが苦痛になったり、まわりにいろいろ聞かれたりするので
余計な心労が増します。

②会社の雰囲気が悪くなる。
情報がどんどん拡散していき、個人攻撃やチーム間抗争が発生したりして
会社の雰囲気が悪くなります。

 

経営・マネジメント視点での対策

では、経営・マネジメント側として、社内恋愛に対して
どのような対策をうった方がいいのでしょうか。
色黒役員宮内に聞いてみました。

■極力、社内恋愛を隠すように促す

そのまま、結婚にゴールインというケースであればいいのですが
そうなる前までは、できるだけ隠すように促したほうがいいでしょう。
上司やまわりとしては、ついつい知りたくなるものですが
経営・マネジメント視点で考えると、別れた時のリスクがあり
できるだけ内緒で付き合ってくれたほうがいいでしょう。

 
■あまり社内で相手のことを話題にしないように促す

人の口にふたをすることはできませんが、もしOPENになって
しまったあとも、「あまり社内で相手のことを、話さない方が
いいんじゃない」とアドバイスしましょう。
尾ひれがついて、広まり、本人の知らないところで
コントロールが効かない事態になりかねません。

 
■別れた場合は、早く次の恋を見つけるようにサポートする

恋を忘れるには、恋しかありません。
早く、スパッと忘れて、次の恋に集中することが
仕事に集中することにもつながっていくことでしょう。
その際、次の恋は、できるだけ社内にいかないようにしてもらいたいですね。
上司としては、合コンにこころよく送り出してあげるような
サポートが必要になるでしょう。

 

まとめ


結論、社内恋愛マネジメントは仕事とプライベートの切り分けが肝!
恋愛は自由にしてもらいつつ
万が一の場合は、当人やその周囲の仕事への影響は
管理職として敏感に察知し、問題があれば対応する必要がありそうです。

ちなみに、私とS君は、一度別れたあと
3,4ヶ月期間を空けて、再び付き合いはじめました。
成り行きってやつですね!
ただ、復縁後、2ヵ月ほどで、再び別れました。

さすがに、2回目の別れとなると
社内も冷めており、「浅はか伊藤」という
あだ名がつけられてしまいました。(笑)

自分でもそう思います。

以上
社内恋愛に対するビースタイルの考察でした。