モテる上司

「”モテる上司”になるためには?」という問の答えを女子目線でお届けするコーナーです。

記念すべき第1回は
「体調の悪そうな女子社員を見かけたら、なんと声をかけたらいいか?」です。

一応女子である私、伊藤ですが、先日の夜、仕事中にお腹が痛くなりました。
早々にコートを着て、残った仕事を片付けて帰ろうと思った時に上司の宮内が気が付いたようで、声をかけてきました。

 

宮内
「伊藤ちゃん、どうしたの?」

伊藤
「ちょっと、おなかが痛いんです。」

宮内
「大丈夫?」

伊藤
「大丈夫です。もう帰ります。」

宮内
「よし、気晴らしに飲みにいこうか?」

伊藤
「・・・・・・・。行かないです。」

 

いつも変化球を投げてくる上司宮内なので、
私としては問題なく、むしろ「ちょっとおもしろい」と思ったのですが
ふと、体調が悪い時の女子は、上司になんて声をかけてほしいのかを
考えてみようと思いました。

「おなかが痛い」などの体調不良を、聞いたり察した上司は
「大丈夫?」という心配を表すことが一般的なコミュニケーションです。

これは相手が弱っていることも有り、モテる絶好の機会とも言えます。

女子社員の「○○が痛い」に対して、どんな反応をするとモテるのでしょうか?
見解が偏るといけないので、社内の女子に聞いてみました。

 

伊藤
『体調が悪い時にどんな言葉をかけられたら嬉しいですか?』

Kさん
うーん、そうですねー。「大丈夫?休んでていいよ」ですかね?

Nさん
えー、体調悪い時ですか…?「どうしたの?無理しないでね」とか?

Tさん
あまり詳しいことは聞かれたくないですね。
「(サラッと)あんまり無理しないでね」とかがいいです。

sさん
「どうしましたか?」っていう風に声かけてくれたらいいですね。
異変があると気づいているのに無視されたり、伝えた時に苦笑いされたら嫌ですね。

Yさん
そうですね…、「大丈夫?(心配そうに)無理しないでね。」とか「あまりひどければ家に帰ってもいいよ」じゃないでしょうか。
あからさまに嫌な顔をされて休まれたら困るという空気を出されたら嫌かもしれないです。

 

 

なるほど・・・。やはり他の女子に聞いて良かったです。

まとめると、

OK
▼「大丈夫?無理しないでね」が鉄板。
▼更なる気遣いとしては「大丈夫?無理しないでね」+「早く帰りなねor休んでいいよ」『業務遂行が大事なことは分かっているけど、その業務よりも自分の体を心配してくれている』ということが大事なようです。

NG
▼詳しいことを聞き過ぎる。気遣いかもしれませんが場合によっては詳しく聞かれたくないこともあります。
-例-
上司「大丈夫?」
部下「お腹がいたいんです」
上司「どうしたの?」
部下「・・・・。」
女性はデリケートですね。
▼「大丈夫?」と言いながら苦笑い。休まれたら困るなという心情が前面に出てしまっている。

メンバーの体調不良は、業務・業績を左右するので、上司としては起こってほしくないことですよね。
ただの利害関係だけで捉えるのではなく、
メンバーにも自分が大事にしている人や家族に対するようにできるとモテそうですね!

伊藤 この記事を書いた人
…32歳。(通称伊藤ちゃん)ブログ・本メルマガの編集長。
新卒でビースタイルへ入社。派遣営業後、コーディネーターマネージャーとなり、編集長を兼任することに。
社内外のミドル層からは、絶大な人気があるが、U-30にはあまりモテない。
新婚。趣味はボルダリング。