ミドルトップの喜怒哀楽<第3回>〜株式会社カヤック〜後編

Pocket

middletop_topbana

本日は面白法人カヤックとのミドルトップ対談の後編になります。
前編では、藤川氏の入社経緯や代表柳澤氏との出会いについて、ご紹介しました。
後編では「カヤックの母」藤川氏の喜怒哀楽に迫っていきます。
是非ご覧ください。

面白法人カヤック
面白法人カヤック
設立:1998年8月、2005年1月
1998年に合資会社カヤックとして設立後、2005年1月に株式会社カヤックとして再スタート。業務内容は「日本的面白コンテンツ事業」。「つくる人を増やす」を経営理念にゲーム、広告、スマートフォンアプリ、Webサービスなどのコンテンツを生み出すクリエイター集団。新規事業にも次々とチャレンジ。サイコロ給、漫画名刺、面白採用などのユニークな制度でも知られる。2014年12月に東証マザーズ上場。
藤川綱司氏
藤川綱司氏
面白法人カヤック 取締役・人事部
38歳。大学卒業後、金融機関に就職。2005年4月、株式会社移行のタイミングでカヤックに参画。管理部門を一手に担ってきた。カヤックの母親的存在としてみんなから慕われる。泣けた漫画は『おーい!竜馬』の竜馬のお母さんが死ぬ場面。「大体、死ぬところで泣いちゃうんです」(本人談)。休日はサッカーをしたり漫画を読んだりと自然体。
宮内修
宮内 修
ビースタイル常務執行役員
東京都出身。43歳。新卒で信用金庫入社、その後インテリジェンスを経て、ビースタイル創業1年目に入社。しゅふJOBスタッフィング(主婦のパートタイム型派遣)事業の責任者、新規事業責任者、人事責任者・管理部門責任者等を歴任。現在、3つの事業統括と子会社社長、法人マーケティングの責任者。

社内はクリエイターが9割。キーワードは「自分ごと化」

20161007_01

宮内 御社はクリエイティブの会社なので、
自分のやりたいことが原動力になっていると思うのですが、
そうするとおっしゃった通り、チームや会社として見ると、
ボコッと穴が開いてしまうところがありそうですけれども、それはどう解決していますか。
無理にまとめあげるのは難しいし、多分、御社はそうはしてないと思うのですが。
藤川 カヤックは、管理部門をギブ&ギ部と呼んでいるのですが、
この名前は、足りないところを積極的にやっていこうというスタンスを表しています。
現場は9割がクリエイター。彼らが100%の力を発揮できるように僕らがサポートする
という方針で、創業以来やってきました。
それが僕のチームにも浸透しているし、現場もそう思っているので、
お互いができることをやっていこうという協力体制はできている。
文化としてそうなっていると思いますね。
僕は、性格的に「誰もやらないならやればいいじゃん」と思いますし、
実際そういう行動をするので、そこは周りも見てくれて、伝わっているのだと思います。
宮内 クリエイターが9割ってすごい。どうまとめていくか想像がつきません。
藤川 まとめるという意識ではないですね。
宮内 そうですよね。まとめようと思うと、まとまらないのかもしれませんね。
藤川 そうかもしれないですね。でも、みんなが協力的なのでありがたいです。
宮内 そのへんは、採用時にも意識しているのですか。
藤川 特にその点を意識しているわけではありませんが、採用基準としては、
人柄やその人の価値観は見ていますね。
社内ではよく「自分ごと化」という言葉を使っていて、
何事に対しても「自分ごと化」してやれば楽しいし、物事も進むし、
みんなが幸せになるという考え方が基本にあります。
となると「自分の仕事以外はやりません」という価値観の人は採用しにくくなります。
それはクリエイターでも管理でも職種とは関係なく、生き方の価値観なのでしょうね。
そのような考え方を持っている人が多い会社だとは思います。

【怒?】そもそも怒ることはあまりない。話せばわかると思っています

20161007_02

宮内 藤川さんは、好き嫌いはあるんですか。
藤川 あるかないかと問われると、ありますね。
宮内 あまり出さない?出さないようにしているんですか?
藤川 出さないようにしています。
僕は、怒ることが必ずしもいいことだとは思っていない。
ただ、怒ることがいい場面もあると思うんですよ。
だから、それは僕の弱点でもある。
あまり怒らないし、マネジメントにも人間関係にも感情を出さないし、
基本的にちゃんと話せばわかってくれると思っているので、
感情的にぶつからないようにしています。
かといって無理に抑えているわけではなく、
元々、感情の起伏は激しくないほうだと思います。
宮内 でも立場上、規律を示すというか、
場合によっては「あなたのふるまいはこの会社に合わない」
というようなことを、言わなくてはいけない場面もあるんじゃないですか?
藤川 そういう時は、まあ、難しいですけど、
相手の立場になって考えて話すようにはしています。
宮内 極力、傷つかないように?
藤川 傷つかないということもありますし、
主張になってしまうと押し付けになってしまいます。
考え方や主張には人それぞれの「絶対」があるので、
それが交わらないときは、両方の立場で話ができるようにしたいなとは思っています。
そこに感情を入れるとまとまらなくなるので。
合う、合わないという話も、結局はカヤックにとって合わないのか、
あなたにとって合わないのかの両面があるので、双方の立場から話して、
なるべくならどこかお互いが納得できるポイントを見つけたい。
単純にみんなが幸せなほうがいいじゃないですか。
それは難しい課題であり、理想であるのですが、根本は楽しいほうがいい。
誰かが怒ったり、悲しんだりするのを見るのは好きではありません。
だから価値観のぶつかりあいはしんどい。そう考えると、
自分のことしか考えていないタイプの人は苦手ですね。
宮内 例えば、誰かと誰かが感情と感情で、主張と主張でもめているのを、
立場上収めないといけないときは、どうしますか?
藤川 難しいですね。でも、ありますよね。
スタンスとしては、決めつけずに話を聞くこと以外はないと思っています。
もめるのは、大体が主張のぶつかりと認識の相違で、
「この人はこういうことを言いたいのに、受け取り方が全然違う」ということ。
できるだけ間に入って、お互いの真意を聞くことでしょうか。
第三者だからわかるし、話しながら落としどころを見つけていく。
どっちが悪いということも言いません。
一応聞いて、「でも彼はこういうことを言いたいんじゃないの?」という話で
納得してもらえるときもあれば、うまくいかなくて時間が解決するケースもあります。
宮内 僕なんか自ら入っていって、最後はわけがわからないことになる。
血みどろになって、最後はみな疲れ果てる(笑)
藤川 僕のやり方は時間がかかるし、ガツンと言って収まるケースもあるので
一長一短ですよね。
あくまでも僕のスタイルはそうだということ。多分、バランスが良かったんだと思います。
柳澤は強いマネジメントで、意思もあるしポリシーもある。
僕はやわらかいので、それがいい関係だったのでしょう。
僕がリーダーでは、空気がやわらかくなって引っ張れないから駄目だし、
でも引っ張るだけだとみんなが疲れちゃう。
両方あるのがいいのだと思います。

ビジネスとクリエイティブのバランス。好きなことに打ち込むパワーが強み

20161007_03

宮内 クリエイターの方々は、
「こういうことをやりたい」という意思があると思うのですが、
一方でビジネスとしてはお客様のニーズがあり、売れるものをつくらないといけない。
そのバランスはどうされていますか。
藤川 難しいですよね。カヤックの場合、
Googleの20%ルールのように明文化しているわけではありませんが、
ある程度は自由にしていい時間も認めています。
案件は案件としてやりながら、そのような研究的なものは、
どちらかというと社員一人一人が自発的に空いた時間や
自分の時間で行っていますね。
それは好きだからこそで、会社から言われると業務の範疇と思ってしまうけれど、
好きでやっているから「業務」という意識が低く、進んでやっている。
それはすごいなと思っています。
例えば今は、VR(バーチャルリアルティ)が流行りですが、
いち早く目をつけてキットを自分で買ってしまう人とか。
で、色々と試して詳しくなるから、最先端のお仕事をさせてもらえる。
カヤックのクリエイター達は会社から
「勉強しろ」とか「こういう研修を受けろ」などと言わなくても、
好きだからやる。
それは大きな強みだと思います。
宮内 その「好きなこと」は、自分の裁量で時間を作ってやることができると。
藤川 はい。そういう行動が許されるから、そういう人たちがいてくれて、
新しいことを発信して、そこにまた興味を持つ人が集まり、おもしろい仕事もいただける。
それは本当に長年をかけて彼らが培ってきた文化で、すごくいいですね。

クリエイティブの会社には珍しい?社長合宿で意識共有

20161007_04

宮内 上場されたことで、
今度は投資家に対して業績を出さないといけないという責任も生まれましたが、
そのあたりは社内で何か決めていますか。
藤川 数字については、上場前から
コミットへの意識は根付いていますが、
株主のみなさんとの約束を果たして初めて、
自分たちの好きなことができるのだということは理解しています。
カヤックでは、半年に一回は役員が全社員と面談するんです。
だいぶ社員も増えましたが、今も変わらず。
あとは年2回、全社員が一堂に会して、社長から情報共有をしたり、
参加者全員が社長になったつもりでブレストをする
「ぜんいん社長合宿」というものを行っています。
意識して接する場を作っていますし、
その姿勢が意識共有の場につながるのではないでしょうか。
宮内 それは特徴的ですね。ぜんいん社長合宿とは。
営業の会社ならありますが、クリエイティブの会社だと、
何となくそういうのを嫌がる人たちなのかなという感覚があって、あまり聞かないですね。
藤川 そうかもしれないですね。なかには苦手な人もいるんでしょうけど、
社長に辛辣な質問がでたりもするんです。遠慮なく。
社長もそういう関係性を作ろうとしているので、
だから、遠慮なく言うというのもカヤックの文化ですね。
大抵の人は気遣いますけど(笑)。なかには気にせず言う人もいるから面白い。

【喜&楽】社員みんなが笑っている。その光景を見ることが何より楽しい。

20161007_05

藤川 そのぜんいん社長合宿は大プレゼン大会というか、
お題があって、チームに分かれて一日かけてブレストし、
翌日にプレゼンをするという内容なのですが、
さすがにクリエイティブの会社だけあって、そのプレゼンが本当におもしろいんです。
プレゼン自体もおもしろいですが、僕は、それを通してみんなが楽しんでいる、
全員が笑っている、その光景を見ることが楽しいです。
やっぱり面白法人ですからね。
「楽しく仕事しようよ」ということが達成できていることを目の当たりにすることが、
僕の仕事を通しての楽しみですね。
日々のなかではそこまで感じられないのですが、合宿のときに認識する。
幸せな瞬間です。
合宿は創業以来、もう十何年もやっています。
カヤック全社でブレストすれば、それだけで十分にお互いの理解が進むし、
ブレストも一つの対話だと思います。
ああ、今、自分の発言で新しい気づきがありました。ありがとうございます(笑)。
ウチは対話の多い会社なのかもしれません。
宮内 気づきがあってよかったです(笑)。
藤川さん自身は、今後こうしていきたいというような思いはありますか。
藤川 この役割をずっとやらせてもらえるのであれば、
会社の成長と共に、管理部門もだんだん大きくなっていくでしょうけど、
規模が大きくなっても今の価値観を守っていけるチームでありたい。
そうできる力量をつけたいと思っています。
宮内 デコボコをならし、穴を埋めていく…
藤川 そうですね。それが僕の得意なところなので。
会社ありきというか。
僕、自分のキャリアとか考えたことなくて(笑)
宮内 会社のために。まさに適材適所ですね。そして会社の成長が楽しい。
藤川 そうです。そこが一番楽しいです。
宮内 さすがカヤックの母ですね。ありがとうございました。
藤川 ありがとうございました。

20161007_06

Pocket